ウォーターサーバー水の味

ウォーターサーバー水の味について美味しい、変?おかしい等を比較

ウォーターサーバーの硬水と軟水で味は違う?水の味と硬度の関係

      2016/12/06

ウォーターサーバーの硬水と軟水で味は違うのでしょうか。

日本人にとっては影響がとても大きく味覚的要素もかなり違いますので
水に対して最も注意すべきポイントのひとつであります。

水の硬度

水の硬度というのは水の中にカルシウムやマグネシウムなどの
ミネラルをどれくらい含んでいるかで図られます。

山の麓の地下水から川や湖に流れていく水というのは、
岩々や大地のミネラル成分が水に染み込んでいるのです。

具体的には水1リットルあたりにミネラル成分にあたる、
カルシウムやマグネシウムのイオンが何mg入っているか。

0〜60mg/L:軟水
60〜120mg/L:中軟水
120mg〜/L:硬水
180mg〜/L:超硬水

水1リットルあたりにミネラルが60mg未満であれば軟水。
逆に120mg以上ですと硬水に分類される。

硬水

海外、特にヨーロッパの地下水から採水される天然水には
地盤のカルシウムやマグネシウムが多く溶け込んでいる。
つまり硬水。

元来飲むのには向かない水でしたが、特別な処理によって
飲めるようになりました。

しかし実際に飲んでみますと、口当たりはやや固く違和感 を感じる
かもしれません。
日本人の体質によってはお腹がゆるくなったり、酷いと下痢を起こす方も
いらしゃいます。

日本国内でも海外製のペットボトル水を輸入品として市販されていますが、
飲んだことがありますでしょうか?
大概は硬水、超硬水ですのでお気をつけください。
海外旅行でも下痢をするのは食中毒、ストレス、疲労などを除けば、
往々にして水道水や市販の水が硬水であることに関係している。
この原因としては日本人の胃腸になれていないとか、ミネラルでも特に
マグネシウムが下剤の成分に似ているからといった諸説あります。

軟水

軟水は、ミネラルが1リットル当たり60mg未満の水。
60~120mgは中軟水と呼ばれることもありますが、大きく分ければ
120mg以下が軟水と捉えてよい。

日本の市販のペットボトルの水は軟水であり、水1リットル当たり
およそ30mg前後のミネラルを含んだ水。
ペットボトルの容器にある外装フィルムに硬度として記載されていますので、
一度よく見てみることをおすすめします。

日本の水道水も軟水。

赤ちゃんが飲んでもよいのは軟水。

日本人ならば生まれつき軟水に慣れ親しんで育っているので、
大人でも子供でも軟水が合うということになります。
硬水のほうが好きという人は少数派でしょう。

中軟水

60~120mgは中軟水と呼ばれるのが一般的。

日本の水道水は50mg前後の軟水ですが、地方によっては80mg前後の
中軟水のところもあります。
採水地によって天然水のミネラル量が若干変わってくるわけです。

180mg以上あるいは300mg以上を超硬水といったり、RO水のように
ミネラルが皆無もしくは若干のミネラル添加で味付けをした水である
デザインウォーター等を超軟水と呼ぶこともあります。

水の味と硬度の関係

水は無味無臭なので味は無いわけですが、水を口に含むと、
人間の舌や味覚はミネラル成分を旨み、若干の甘味に感じます。

軟水は口当たりとして飲みやすく旨みを感じる。
コーヒー、紅茶、緑茶などのドリンクを作っても、まろやかで
柔らかい感じ。味噌汁、煮物、炊飯など料理を作ってもおいしく感じる。

しかし多すぎると逆効果。
硬水のように多量のミネラルを含んだ水は、口当たりが硬い、エグみ、
金属っぽい、不味い、と飲みにくく感じることがあります。
特に日本人が超硬水を飲んだときは明らかにわかるはず。

ウォーターサーバーの水は軟水

ウォーターサーバーの水は硬水か、軟水なのか。

日本国内のウォーターサーバーで扱っている水は軟水になります。

天然水つまり採水してきた天然水がミネラルを含んでいるミネラルウォーター。
日本の水道水が軟水であるように、日本の地下水や川から採水する水は
軟水なのです。

要は日本で採水した天然水が軟水ということですね。

ウォーターサーバーで宅配される水が軟水ということで、
赤ちゃんもご家族もみなさん安心して飲めます。

同じ日本の水と言っても、水源地の違いで多少の硬度の違いはありますので、
軟水、中軟水、含有成分の違いなど、気になる方は公式サイトで
確認してから注文しましょう。

RO水

ウォーターサーバーには天然水以外にRO水という水も選べます。

RO水というのは特殊で超微細な逆浸透膜RO膜でフィルタリングして
塵、カビ、ウィルス、そして一説には放射性物質をも通過させずに、
ろ過している、不純物を完全排除した安全な水。

しかし同時にカルシウムやマグネシウムなどミネラル成分をも
取り除いてしまうので軟水の極みと言える。
ミネラル0mgなのです。

水の硬度0~50mgですと超軟水と呼ばれたりしますが、
RO水もその一種とお考えください。

中には味の調整のため、RO水に後からミネラルを人工的に添加した
デザインウォーターというRO水もありますが、
もちろん微量なミネラル追加であり、こちらも超軟水の部類に収まる。

日本で流通しているウォーターサーバーでは天然水を注文しても
RO水を選んでも、硬度分類ではどちらも軟水ということになります。

関連記事

ウォーターサーバー中軟水の味
水の硬度と味の違いでウォーターサーバーを比べる
ウォーターサーバーで硬水は選べる?味は?
ウォーターサーバー水の味は何で決まる?軟水の天然水、手入れ、温度が重要
ウォーターサーバーRO水の味┃安全で安心のピュアウォーター
ウォーターサーバー水の味を比較
ウォーターサーバー天然水とRO水で味の違いはある?
ウォーターサーバーの味がまずくなった
ウォーターサーバーの原理から知る冷水と湯の味
ウォーターサーバー水の味が変、おかしい
ウォーターサーバーの水が不味い。マズイ原因は天然水かRO水かサーバー本体か

【ウォーターサーバー水の味】おすすめ

★おすすめ【ウォーターサーバー水の味】

3種類の天然水から選べる。オシャレな外観
【フレシャス】FRECIOUS(ウォーターサーバー)

5種類の天然水から選べる。小型7Lボトルで楽々
【プレミアムウォーター】Premium Water(ウォーターサーバー)

48時間以内に最寄りの天然水を産地直送
【コスモウォーター】cosmowater(ウォーターサーバー)

ウォーターサーバー選びはこちら
人気ウォーターサーバー水の味【比較】

 - ウォーターサーバー, 天然水, 水の味, 水の硬度(軟水・硬水)

ウォーターサーバー比較して活用術を知るまとめブログ