ウォーターサーバー水の味

ウォーターサーバー水の味について美味しい、変?おかしい等を比較

浄水型ウォーターサーバーとは?そのメリットとデメリット

      2022/05/25

浄水型ウォーターサーバーとはご自宅の水道から出る水を使用するウォーターサーバー。
そのメリットとデメリットについて解説いたします。

浄水型ウォーターサーバーとは?

浄水型ウォーターサーバーとは、自宅の水道水を使用する新しいタイプのウォーターサーバー。

浄水型ウォーターサーバーは主に2つのタイプに分けられます。
それは、水道水補充型と水道直結型。

ウォーターサーバー上部にある給水タンクに水道水を注ぎ入れるだけで、不純物の除去された水を利用することができるのが水道水補充型ウォーターサーバー。

もうひとつは、水道管とウォーターサーバーをつなげて、ウォーターサーバーの中へ直接給水するのが水道直結型ウォーターサーバー。

日本の水道水は安全性が高いと言われていますが、消毒効果のある塩素カルキなど、微量ながら味に影響がある成分も含まれています。
浄水型ウォーターサーバーでは、塩素もろ過されるため、おいしい水を飲むことができる。
もちろん他の不純物も除かれますので、より安心できる安全な水であることは言うまでもありません。

簡単な給水システムであること、安全でおいしい水を飲むことができること、そして何よりも水道水を利用することで水容器のボトルが不要になったという点など、多くの点で現在注目されている新型ウォーターサーバーです。

浄水型ウォーターサーバーのメリット


浄水器型ウォーターサーバーのメリットは主に2つ。

1つ目は、ボトル交換が不要であること。
従来型のボトル交換型のウォーターサーバーは、水の入った重いボトルを交換しなくてはならないという大きなデメリットがありますが、浄水器型ウォーターサーバーは自宅の水道水を利用するため交換不要。
ボトル交換が難しい高齢者や女性にはおすすめのウォーターサーバーだと言えるでしょう。

2つ目は、水の過不足がなく、どれだけ使っても料金が一定であること。
ボトル交換型のウォーターサーバーでは、毎月届く宅配水の量が決まっているため、追加注文するとその都度料金が発生します。
浄水器型ウォーターサーバーの場合は水道水を使うため追加費用の心配がありません。
すなわち、水が余ることもなく、逆に不足することもないというわけです。

浄水型ウォーターサーバーのデメリット

浄水器型ウォーターサーバーのデメリットは主に2つ。

1つ目は、水道水を使用するウォーターサーバーのため、震災などの災害時に水道が止まってしまうと使えなくなってしまうこと。
ボトル交換型の場合は、電気が使えれば水を使用できますし、震災時にも水の宅配をしているウォーターサーバー会社は多い。
よって、ボトル交換型のウォーターサーバーの方が震災時に強いといえます。

2つ目は、水道直結型のウォーターサーバーに限り、設置工事が必要なこと。
水道直結型は、水道の配管や蛇口付近に専用の器具を直接取り付けるという、導入時の初期工事が必須。また、それにかかる初期費用が発生する場合があります。
もちろん解約後に原状回復させるとなれば、こちらも専用の撤去工事が必要。

なお、水道水補充型であればサーバーは水道や蛇口から独立していますので、水道管との工事は必要ありません。

浄水型ウォーターサーバー水の味は?


浄水型ウォーターサーバー、気になる水の味はどうでしょうか。

浄水型ウォーターサーバーの水は、水道水特有の味や匂いが無く、クリアでスッキリとしたおいしい水であると多くの方から高く評価されています。

これは、サーバー内部にある浄水フィルターが大きく貢献している。
高性能なフィルターによって水道水に含まれる不純物がしっかり除去されることから、安心安全でかつ水道水特有の臭みが消えたおいしい水を飲むことができるのです。

また、そのおいしさは冷水だけに留まらず、お湯であってもおいしく飲めるのは言うまでもありません。

浄水器と浄水型ウォーターサーバーどちらがよいのか

浄水器と浄水型ウォーターサーバーの違いは、その機能にあると言えるでしょう。
浄水型ウォーターサーバーの方が機能が豊富だからです。

浄水器は、単に水道水をフィルターに通すだけの至ってシンプルな機能しか搭載されていません。

その一方で、浄水型ウォーターサーバーは、高性能の浄水フィルターを通すことで安心安全でおいしい水が飲めることはもちろん、他にも温水機能と冷水機能が搭載されています。
温水機能は、飲み物やインスタント食品にお湯が必要なとき非常に便利。
冷水機能は、キンキンに冷えた水を飲みたくなったときすぐに飲むことができる。

浄水器と浄水型ウォーターサーバーのどちらがよいのかについては、ご家庭での水の使用用途を考えて、どちらが適しているか考えてみるとよいでしょう。

より安全な水を飲みたい方、冷たい水やお湯をいつでもすぐに使いたい方は、浄水型ウォーターサーバーをおすすめします。

エブリィフレシャス

every frecious(エブリィフレシャス) 浄水型ウォーターサーバー
水の補充方式 水道水補充型
導入時の工事 工事なし
月額料金 3,300円

※関連記事はこちら
エブリィフレシャスの水の味、まずい?口コミは?

ハミングウォーター

ハミングウォーター 浄水型ウォーターサーバー
水の補充方式 水道水補充型
導入時の工事 工事なし
月額料金 3,300円

ウォータースタンド

ウォータースタンド 浄水型ウォーターサーバー
水の補充方式 水道水直結型
導入時の工事 工事あり
月額料金 4,400円
関連記事

アクアクララの水が危険だと言われる理由は?
プレミアムウォーターの安心パックで引っ越しする
コスモウォーター水の味が変わったって本当?
ウォーターサーバーの水に鉄の味がするのはなぜ?プラスチック臭との関係性
ウォーターサーバーはお金の無駄?いえいえ便利でメリットいっぱい

【ウォーターサーバー水の味】おすすめ

<ウォーターサーバーおすすめ>

■ 産地直送の選べる天然水がおいしい
「フレシャス」の ウォーターサーバーおすすめ

■ 汲みたて天然水をスピード出荷
「コスモウォーター」の ウォーターサーバーおすすめ

■ おいしさにこだわった天然水
「プレミアムウォーター」の ウォーターサーバーおすすめ

ウォーターサーバー選びはこちら
人気ウォーターサーバー水の味【比較】

 - ウォーターサーバー, ウォーターサーバー選び, 塩素カルキ, 水の安全性, 水容器, 水道水, 浄水型ウォーターサーバー

ウォーターサーバー比較して活用術を知るまとめブログ