ウォーターサーバー水の味

ウォーターサーバー水の味について美味しい、変?おかしい等を比較

フレシャスが赤ちゃんに良いという口コミは本当?

      2019/04/15

フレシャスが赤ちゃんに良いウォーターサーバーだという口コミは
本当でしょうか。

注ぎ口とボタンの高さ

フレシャスのサーバーではおよそ床面から80cm以上の
高さに注ぎ口がありますので、小さな子供さんや
赤ちゃんでは触れることができない。

さらに水やお湯の給水ボタンは1mほどの高い位置に
設置されていますので赤ちゃんはまず届きません。

フレシャスは赤ちゃんには安全なウォーターサーバーだと言えます。

チャイルドロック

チャイルドロックも設置されています

SIPHON(サイフォン)コラボ・ベーシックボトル・SIPHON Slim(サイフォンスリム)
の機種では、レバーを奥へ押しながらロックボタンを押す、
水を注いでいる間はロックボタンを離してよい。
使用後は自動的にロックがかかります。

dewo(デュオ)・Slat(スラット)の機種では、
UNLOCKボタンを2秒間長押しでロックが解除。

キャリオは、給水レバーの上にあるスライドレバーを「cold」「Normal」に合わせて解除。

赤ちゃんにとってはお湯だけでなく、水が間違って出てしまうということも
事故につながりかねませんので、これだけの対策がしてあればママも家族も安心。

小型ビニールパックが水容器

フレシャスの宅配水は他社ウォーターサーバーにある
12リットルの巨大なガロンボトルではなく、
小さい9.3リットルボトルや7.2リットルのビニールパック
となっています。

使い終わったら小さくたためるうえ、ワンウェイ方式、
使い捨てですので水を飲みきったらすぐに捨てることができます。

部屋の中で邪魔にならないことで赤ちゃんや小さい子供さんの
不用意な怪我などを未然に防ぐことができます。

軽量なウォーターパックの水容器

フレシャスの宅配水はビニールパックに入って配達されるのであり、
ウォーターサーバーとしては軽量の7.2リットルパック。

一般的なウォーターサーバーの巨大なガロンボトルより容量が少なく
小さく軽いので女性でも簡単に持ち運び、サーバーへのセットが可能。

子育てに毎日忙しく疲れてるママさんには嬉しいですね。
もちろん赤ちゃんにとっても安全です。

フレシャスが赤ちゃんに良いという口コミは本当?


フレシャスはデザインにも優れており、外観からの見た目の評価は
他ウォーターサーバーよりもよい。

この設計、デザインは、注ぎ口の高さやボタンの配置が赤ちゃんや
子供さんに影響の出にくいこともあり、ご家庭で使うには最適。

水も美味しい天然水を空気の入らないビニールパックに入れてお届けしますので、
使い切るまで雑菌や細菌、カビ菌などが混入可能性が極めて低い。

毎日、安全で美味しい水がいただけるというわけ。

口コミを検索しても、フレシャスのユーザーさんは、満足度が高い様子が伺えますし、
赤ちゃんがいるご家庭でも多く導入されています。

フレシャスが赤ちゃんに良いという口コミは本当です。

※フレシャスはこちら
フレシャス【公式】おいしい天然水のウォーターサーバー

関連記事

プレミアムウォーターとフレシャスの違いは?サービスや料金を比較
宅配水フレシャスの口コミは?苦情より満足度が高いからおすすめ
フレシャスがビニール臭いという口コミ評判は嘘?
ウォーターサーバー フレシャスの評判・評価、水の味は?
フレシャスは非加熱処理だから天然水の味がおいしい宅配水が届く
フレシャスのウォーターサーバーを交換したいときの注意点
フレシャスの水漏れはウォーターパックから?サーバー内?
フレシャスウォーターサーバー水の味が変、おかしいのはビニールパックが原因?
フレシャスの水に雑菌や細菌がある?口コミからの評価は
フレシャスの水がカビ臭いのは何故?カビ臭いときの対処法と予防策
ウォーターサーバーフレシャスを解約する場合のまとめ

【ウォーターサーバー水の味】おすすめ

★おすすめ【ウォーターサーバー水の味】

3種類の天然水から選べる。オシャレな外観
【フレシャス】FRECIOUS(ウォーターサーバー)

5種類の天然水から選べる。小型7Lボトルで楽々
【プレミアムウォーター】Premium Water(ウォーターサーバー)

48時間以内に最寄りの天然水を産地直送
【コスモウォーター】cosmowater(ウォーターサーバー)

ウォーターサーバー選びはこちら
人気ウォーターサーバー水の味【比較】

 - ウォーターサーバー, ウォーターサーバー選び, ウォーターパック(ビニールパック), フレシャス, ワンウェイ(使い捨て), 宅配水, 水の安全性, 水容器

ウォーターサーバー比較して活用術を知るまとめブログ